疑心暗鬼になるのも確かに分かるんですけども…。



JAグループ大激怒!ネットで恣意的な画像蔓延『産地偽装』の問い合わせ殺到|| ^^ |秒刊SUNDAY



記事中にも書かれていますけども、これで、この特集で伝えようとしていた事が吹っ飛んでしまった訳です…。

もちろん、分からずに拡散したりJAに問い合わせてしまった人が悪人だって言うつもりはないんです。



農地って、一旦荒らしてしまうと、全て「最初から」やり直しです。だから、「いくら出荷できない事が分かっていても、いつか出荷できるようになる時のためにいつも通り植えておきたい」というのは、農家としては偽らざる考えでしょうし、それを否定するというのは「廃業しろ!」といっているのと同じ意味だと思うのです。



もちろん、事情が事情だけにその分放射性廃棄物が増えてしまいますし、その点については賛否はあるでしょうけども、はたして一緒に考えていいものなのかどうか…。



少なくとも廃棄する為に袋詰めした、使い古しの袋に熊本の農協の名前が書いていたのをスクリーンショットを取ってきて、「産地偽装だ!」と騒ぎ立てるはちょっと行き過ぎじゃないかなと。

私も、コンビニで頂いた商品を入れてた袋をゴミ袋に代用している事があるのですが、考え方としてはそんなに変わらないと思うんですが…。

だって、現状の流通の事情を考えると、他県のしかも位置的に遠いところからの米が来ていること自体おかしな話ではありませんし、流通させないものについて別のモノが入ってた袋をつかって何かまずいのでしょうか?



ホント、嫌な時代です。