もちろん、全ての題材においてではないのかもしれませんが…。

ゲーム原作でアニメ化に成功した作品って実はあまり多くないんじゃね? : はちま起稿(リンク切れ)



小説や漫画など、すでにある程度の流れが決まっているはずのフォーマットからのアニメ化でも「意図と違う演出」になってしまう訳がある訳で、ましてや「おおまかな設定はあるものの、プレーヤーによって、いままでのプレーした感覚によってキャラクターのイメージやストーリーの流れそのものがかわりうるもの」を、一本の筋に固定してしまうという事ですから、いくら脚本がそのゲームに精通していたとしても、あくまでその方の感覚でしかないと思うんですよ。



だから、どーせ「批判する人は批判するんだし」、そのゲームの一片だと考えずに別の作品を作ってるんだってつもりで書いた方が、知らない人にとっても面白いんじゃ無いかな…と。



…とは言っても、私ゲーム苦手なんですけどね…。