うーん…難しいですよね…。
   カフェの長時間の利用はお断り―――こんな報道をきっかけに、ネットで大論争が巻き起こっている。喫茶店やカフェで勉強などをして長居するのに否定的な人と、容認する人との間でホットな意見が戦わされているのだ。   店のほうでも、席に座っているお客と待っているお客の両方に公平に対応するため、四苦八苦しているようだ。

引用元: カフェで長居する客「お断り」で大論争 「自己中にもほどがある」「場所代込みだろ」 1/2 : J-CASTニュース.



場所代コミと言われても、コーヒー一杯だけで2,3時間粘られると、コスト的に見合うのかと言うと…。それよりはやっぱり、回転を早くするか適度にお金を落としてくれる人を優先「したい」ですよね。
ただ、たまたまその時にそこまで余裕がなかった人かもしれませんし、「落ち着いて勉強などができる」という気持ちでいてくれる事自体は悪い気はしませんよね。

ただ、どんなに頑張ったって運営するコストが出なければ、「閉店」という選択肢を選ばざるを得ない訳ですし、「将来のお得意様になり得る人に見切られないように」かつ、「せっかく来てくださったお客様が、入れないと残念がって帰ることにならないように」という、二つの事をうまく考えながらやってかなきゃいけないって事で、…正直私にゃ無理だなぁ…。

私個人はと言えば、人が多ければ「早く出なきゃ!」と頭の中で慌ててしまうタチですが、むしろ慌てすぎてトレイ上でコーヒーをこぼしてしまったり、別の意味でご迷惑をおかけしているかもしれません。

大手コーヒーチェーンの場合、WiFiが整備されてたりして長居には確かに最適な場所なんですよね…。お互いの為にも、忙しそうな時は自制するくらいの気ではいた方がいいんでしょうね。

と、そんな事を気にしながら、すでに1年近くスタバに行ってないような気がします。…いや、意味が違うのは判るんだけどね。