私としては、ネタとしてはお話したくない事ですが....



痛いニュース(ノ∀`):「『かわいそう』と魚を食べられない子供が増加…『それは動物愛護とは違う』と諭す教育も大切」…愛媛新聞



2ちゃんねるの住民のみなさんも概ね同じことを感じているようですね。



私が思うことは、

人間に限らず、地球上にいる生き物はみんな、誰かの命をいただいて生きています。

肉食動物は他の動物をえさとして、草食動物は植物をえさとして。

....植物だって、枯れた植物や、亡くなった動物達を間接的にえさにします。



誰一人、他の誰かの命を奪わなくとも生活できる人はいないのです。



それを考えると、人間はとんでもない生き物です。

「動物や植物などの生き物を殺すのが可愛そう」という傍らで、動物の毛や植物繊維の洋服をきて引きこもります。そして、誰かが代わりに殺した生き物を口に運ぶことで命を繋いでいます。



命を繋ぎ、ながらえるために殺めた命だからこそ、それを「食べない」という事の方がその生き物にとってかわいそうな事だと思うのです。



残さず食べ、命をいただいた事を感謝する。それって、一番大切な事じゃないのでしょうか?





....なんて、このブログを見に来ているみなさんは、言わなくてもわかってますよね。